ホーム > 遺産相続の基礎知識 > 不動産・土地の名義変更

不動産・土地の名義変更

名義変更とは?
不動産の名義変更手続 不動産の所有者が、自分の持っている不動産の所有権を別の人に譲る場合や、不動産の所有者が亡くなって、家族の誰かが新たな所有者となる場合に必要な手続のことです。
不動産の名義変更手続きを知らずに所有者が変わっても、そのままに放置している方もたくさんいらっしゃるようですが、しっかりと名義変更の手続きを行う必要があります。
 
不動産の名義変更をしない場合のリスク
 





上記のようなリスクを回避するためにも、土地・建物の不動産登記名義変更はお早めにされることをお勧めします。当事務所にもお気軽にご相談ください。
不動産相続が発生したら・・
不動産相続が発生したら・・ 不動産は、相続資産の約6割を占めるとも言われ、相続手続きの中でも、特に重要なポイントになります。
不動産は高額なうえ、金銭のように簡単に分割できません。
更に、戸籍謄本や遺産分割協議書など、取得、作成する書類が多く、非常に面倒な財産です。
また名義変更の手続きは、評価額の算定などの法的知識や時間、そして労力の面で負担の大きい作業です。
「自分でするのは大変なので誰かに任せたい」そうお悩みの方は、ぜひ一度、長谷川司法書士事務所にご相談ください。
無料相談も受け付けております。
 
名義変更の流れ
STEP① ご相談
 
お電話・メールにてお気軽にご相談下さい。※ご相談は無料です。
 
STEP② お申込み
 
現在のご状況のご確認が出来ましたら、お見積もりを提示させていただき、お申し込みとなります。
 
STEP③ 必要書類の取得
 
当事務所にて相続証明書類(戸籍・住民票等)、不動産関係書類(登記簿謄本・固定資産評価証明等)を取得。遺産分割協議書、相続関係説明図等を作成します。登記必要書類に、相続人の方のご捺印をいただきます。(この時点でお客様には印鑑証明書をご用意いただきます)
 
STEP④ 申請
 
必要書類が整い次第申請いたします。
 
STEP⑤ 登記完了
 
申請後約1週間で完了し、その後お客様に権利証を書留で発送します。
  • RSS配信
  • RSSヘルプ