スタッフブログ

2012年6月22日 金曜日

不動産割合が高い人がとるべき方法(京都大阪 遺言相続相談サイト)

不動産はたくさんあるが、現金は少ない。
これが資産家と呼ばれる人々の実情です。
相続税が多額にかかると、納税する現金が無いのです。
物納したり、売却して納税にあてるのがほとんどです。
しかし、物納の要件は厳しく、不適格とされる場合もあるので生前に相談して決めておくべきです。
また、売却は譲渡所得税が発生し、翌年度の住民税、健康保険料も連動して上がるという2次的影響もあります。
第3の方法として不動産を担保に借金するという方法があります。
戦略的に借入すれば相続税は減らせます。
しかし、借金の返済原資を何で充てるのかは十分検討すべきでしょう。
借金も相続人に相続されますのでご注意を。






投稿者 長谷川司法書士事務所

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
京都家族信託相談所