スタッフブログ

2012年5月15日 火曜日

相続人が外国籍の場合(京都大阪 遺言相続相談サイト)

相続人中に外国籍となった方がおられる場合も手続きは大変です。
日本のように戸籍制度がある国はむしろ珍しく、相続人である旨証明を得るのに時間を要します。
現地公証人に依頼して相続人たる旨を宣言することで証明したり、現地で出生した人は居住地の政府が両親名を記載した出生証明書を発行してくれる場合もありますが、国によって扱いは異なります。



投稿者 長谷川司法書士事務所

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
京都家族信託相談所