スタッフブログ

2012年4月25日 水曜日

子なし夫婦の相続にご注意(京都大阪・遺言相続相談サイト)

子供のいない夫婦が増えています。
これも少子化の原因のひとつですが。

例えば夫が亡くなり妻が残されました。
夫の両親が他界していれば、相続人は妻と夫の兄弟になります。
遺言が無かった場合、妻は夫の兄弟と遺産分割協議を行わねばなりません。

日頃交流があり、仲が良ければ問題ないでしょう。
しかし、昨今自分の親戚でも交流が無いのに、義理の兄弟などなおさら疎遠になっています。

見ず知らずの相続人間で遺産分割がスムーズに行われるでしょうか?
こういう場合に遺言書を作成していれば、協議をする必要がありません。
ぜひ覚えておいてください。




投稿者 長谷川司法書士事務所

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
京都家族信託相談所