スタッフブログ

2011年7月18日 月曜日

名義変更を5年間放置していた方

司法書士の長谷川です。

お父様・おじい様が亡くなってお不動産の名義変更を放置していたのですが、さすがにそろそろちゃんとやらねば、と事務所に相談に来られたAさん。「なにをどうしたらいいのやら。。?」ちんぷんかんぷんのご様子でした。

『そんなに難しいんですか?』

と、ひとつひとつ話を聞けば、、、これがまぁ相当複雑なケースでした。

まず死亡した順番がばらばら。
父が亡くなり、祖父が無くなり、伯父が亡くなり、、、
年齢順に死亡していないのです。
そしてこの3人で不動産を共有していたものだから、各相続によって相続人が違うんです。
つまり登場人物が違うんです。

ひとつひとつ絵を描いて家系図を書いて、、、1時間近く事情聴取にかかりました。

さあこれからがスタートです。

投稿者 長谷川司法書士事務所

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
京都家族信託相談所