スタッフブログ

2013年1月29日 火曜日

税制改正いよいよ(京都大阪遺言相続相談サイト)

1月24日に税制改正大綱が発表されました。
注目は相続税の基礎控除減額と税率引き上げの適用時期です。
いずれも平成27年1月1日からの相続になっています。

今から始めると平成26年の消費税増税と相まってW増税となり、国民の印象が悪くなり選挙に負けてしまう。
なので、翌年に持ち越したのではないかと考えます。

いずれにせよ猶予はあと2年。
この間に何らかの対策を取らねばならないということです。

そして、教育資金贈与
1500万円の教育資金贈与は、平成25年4月1日~平成27年12月31日までに贈与したものに限られます。
これだけ前倒し。
早めに若い世代に資金はシフトしてね、ということですね。
これもインプットしておいてくださいね。




投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2013年1月23日 水曜日

こんな遺言書は無効です(京都大阪遺言相続相談サイト)

花子には子供がいましたが、疎遠でしたので日頃身の回りの世話をしてくれる妹に財産をあげる気持ちでした。
ところが、遺言書にはこう書いてありました。

「財産全てを妹に一任します」

これでは財産をあげたいのか、事務処理を一任したのか不明です。
正しくは

「妹に遺贈する」

と書くべきだったのです。
好き勝手な日本語を使うと、せっかくの遺言書も使い物にならなくなってしまいます。
最期のメッセージは慎重に作成してくださいね。



投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2013年1月17日 木曜日

あけましておめでとうございます

旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、年明け早々相続税増税の審議が本格的に動きはじめたようですね。
「相続税などお金持ちだけしか関係ないこと」
そうも言ってられなくなってきました。

今年も引き続き情報を発信していきたいと思っています。

投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
京都家族信託相談所