スタッフブログ

2012年10月15日 月曜日

遺言書の日付(京都大阪遺言・相続相談サイト)

自筆遺言証書には日付を書かなくてはなりません。
なければ無効になります。
裁判例では「吉日」と記載された遺言を『日付の記載を欠く』として無効とした判例があります。
(最高裁昭和54年5月31日判決)

ところが、遺言書の検認は受ける事が出来ます。
検認は後日の偽造変造を防ぐ証拠保全手続きなので、内容の有効性に関係なく受ける事が出来ます。

投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2012年10月10日 水曜日

公正証書遺言について(京都大阪遺言・相続相談サイト)

もうひとつ、公正証書遺言の説明をします。

【メリット】
・公証人が作ってくれるので間違いが無い
・公証役場で保管されるので紛失・隠匿のおそれがない
・検認の必要が無い

【デメリット】
・費用がかかる~遺産1億円以下で手数料約10万円(司法書士報酬+公証手数料)

10万円で自筆遺言の心配や煩わしさから解放され、安心できますのでこちらをお勧めします。

投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2012年10月 1日 月曜日

相続セミナー第2弾(京都大阪 遺言相続相談サイト)



上記の通り、京都信用金庫で相続セミナーの講師を務めます。
ここだけの話、本には載ってない話もありますよ。
ぜひご参加ください。


投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
京都家族信託相談所