スタッフブログ

2012年1月28日 土曜日

遺留分にご注意(京都大阪 遺言相続相談サイト)

遺留分とは相続人のために保証されている最低限の相続分のことです。

ただ、兄弟姉妹にはありません。

これをあまりにも無視して遺産分割することは紛争になりやすいのでご注意ください。

最近とくに増えている相談です。

ほとんどがコミュニケーション不足から発生しています。

遺留分を犯す場合は、なぜそうするのかを遺言書に明記あるいは生前に本人に話しておきましょう。

投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2012年1月25日 水曜日

(続)法人化は得なのか?(京都 大阪・遺言相続相談サイト)

「○○○をすると税金が安くなると聞きましたが本当ですか?」
というところから相談を受けることがよくあります。
友人知人からのアドバイスか、それとも経済誌などの特集記事なのか・・・

以前よく流行った、(今でも多いですが)
"銀行からお金を借りて収益マンションを建てると相続税が下がる。
しかも借入金利息は不動産所得の経費にもなる。"
という手法。

たしかに、税金は減ります。
しかし、減税分以上を銀行に返済、利息支払をしていることを忘れてはいけません。
ましてや、人口が減少している日本で今後もずっと入居率が100%ということは、まずありません。
入居率が大幅に下落して銀行への返済資金が不足する事態になるおそれもあります。

何かの対策をする際は、慎重にメリット・デメリットの判断をしてください。

(税理士 岡井伸介)

投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2012年1月16日 月曜日

法人化は得なのか?

相続税を心配されて法人化されているケースがあります。

しかし、株主たる親が亡くなった後、子供たちで株式を分けるのはトラブルになることが多いです。

上場株であれば売却すればよいので問題ありません。

しかし、非上場株は評価も難しい上に売却が難しく、会社の経営支配権という問題も発生します。

社長になる人、株主となる人、そして会社のこれから

総合的かつ長期的に判断するよう心がけてください。



投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2012年1月12日 木曜日

今年もよろしくお願いします。

相談会は明確な悩みがなくてもかまいません。
ぼんやりと考えていることでもけっこうですので、お気軽にご相談ください。
当初考えておられたことと全然違う解決方法を見つけられた方もおられますconfident

最近、消費税増税の話題がよく出てきますね。
再来年度には、相続税増税も予想されております。
現行法のままでは問題なくても、税制が変わることで影響が出るかもしれません。
あらかじめシュミレーションしておくと対策を立てやすいものです。

一同お待ちしております。sun
(税理士 岡井伸介)

投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
京都家族信託相談所