スタッフブログ

2011年10月31日 月曜日

忘れてはいけない、養子縁組

離婚の増加に伴い、連れ子がいる相手との結婚が増えています。

ところが、親同士が結婚すると「自動的に連れ子も自分の子になる」と思っている方が多いのに驚きます。

血縁関係のない子を自分の子にするのには、養子縁組が必要です。

これをしないまま歳月が流れ、死んだ時連れ子は「子」ではないのですから相続人になれません。

この時気付いても遅いのです。

こればかりはどうしようもないのです。

何十年家族として過ごしてきた事実は一切関係ありません。

該当する方はご注意ください。

投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2011年10月25日 火曜日

相続税増税は平成24年から?

前回のブログにもありましたが、第3回無料相談会は、予約で全て埋まってしまいました。

税理士の仕事としての、"相続税申告"となると、基礎控除を上回る方はおられませんでした。
ただ、相続に関わるご相談は"十人十色"と申しましょうか、お話を聞いているだけでも勉強になります。

民主党の税制調査会の資料によると、相続税の増税が、平成24年から実施されるとありました。
このまま実施されるかは不透明ですが、相続税の基礎控除額が下がると、"相続税申告"の相談も増えることでしょう。

お心当たりのある方、ご相談お待ちしております。

(税理士 岡井伸介)

投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

2011年10月17日 月曜日

10月相談会レポート



10月12日、第3回無料相談会を行いました。

おかげさまで、10時から18時まで全ての相談枠が予約でいっぱいになりました。

今回も遺言・相続から成年後見まで相談は多岐にわたり、ひとつとして同じものはありませんでした。

それだけ相談とは個人的なものなんです。

特に精神疾患の子供を抱えた親御さんの相談は切実で、

「自分が亡くなった後、子を任せることができる後見人を選んでほしい」

とのことでした。

これは本人との相性も大事で、「急に選ぶとトラブルにもなるので、まずは候補者と時間をかけて仲良くなる事を考えてください。」

とアドバイスさせていただきました。

(司法書士 長谷川 聡)



投稿者 長谷川司法書士事務所 | 記事URL

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
京都家族信託相談所