司法書士の長谷川聡です。
相続対策といえば、みなさん「死亡後」の対策をイメージされますが、遺言書はご本人が亡くなって初めて効力を生ずるものです。私は「家族信託」という手法を使い、「認知症発症~死亡」までの間の資産活用ができるようお手伝いいたします。
成年後見制度では資産の管理しかできず活用ができないので、本人が亡くなるまで資産は凍結されてしまいます。ご家族の資産活用をストップさせないために、後見に頼らない様々なメニューがございます。お気軽にご相談ください。

⇒司法書士長谷川聡のプロフィールはこちら

⇒地図・交通のご案内
お電話でのお問い合せ 受付時間:平日AM9:00~PM6:00(定休日:土・日・祝日)TEL:0774-62-4255
相続手続きでこんなお悩みありませんか?
Q 親が亡くなったのですが、名義を変更するにはどうしたらいいの?
Q 借金まで相続したくないのですが・・・
Q 相続税がどのくらいかかるのか心配・・・
Q 遺言書が残されていない場合はどうしたらいいの?
Q 遺産の分割が済んでも、そこからの手続きが分からない・・・
など、相続に関する疑問については、京都府京田辺市の長谷川司法書士事務所までお気軽にご相談ください!
京都市や大阪からもアクセス良好です。北新地駅から40分、京都から車で30分



京都信用金庫で「遺言相続セミナー」講師を務めました。
image1
image2

 


 

相続セミナー新春第1弾

4月4日、奈良のセントアージュというシニア向けマンションで相続セミナーやります。


http://www.st-age.jp/index.html


相続で後悔しないために
~10年たっても変わらない話~
 
 「誰が相続人になる?」
 「遺言書の書き方は?」
 「成年後見制度って?」

相続・遺言・成年後見わかりやすく解説!
  • RSS配信
  • RSSヘルプ